エンジニア育成事業、受託開発事業のエキスパート、株式会社Gizumoがみずほ銀行、りそな銀行から1.1億円を調達

——ブロックチェーン技術を使った決算連動型社内通貨サービス「GIZコイン」の開発へーー

受託開発事業や「Giztech」というプログラミングスクールの運営、エンジニア育成事業を展開している株式会社Gizumo(本社:東京都渋谷区、代表取締役:井上崇)は、この度みずほ銀行、りそな銀行からデッドファイナンスにより総額1.1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

同社はこれまで「ビジネスのクリエイティブな領域は人によって創られる」というコーポレートビジョンを掲げ、“人の未来を創る”という経営理念の下、ITという得意分野を中心にクリエイティブ集団を創り出すエンジニア育成事業をメインに展開。

今回の資金調達により、既存の事業のさらなる拡大に加え、現在進めているブロックチェーン技術を使った決算連動型社内通貨サービス「GIZコイン」の開発を加速させる。
さらには、それに付随する福利厚生サービスのローンチのほか、CTOの坂田がプロジェクトリーダーを務めているDeepLearning (深層学習)の強化学習という分野を用いて、AIがマーケット相場の未来予測から資金管理、売買の注文・決済までを自動で行うプログラミングシステムの研究開発を進めていく予定だという。
3月17日には、渋谷駅近くの再開発エリアに増床移転も決定した。

株式会社Gizumo(英語表記:Gizumo inc.)

代表者:代表取締役/井上 崇

設立:2015年5月15日

従業員数:120名(2018年3月現在)

資本金:22,500,000 円

http://gizumo-inc.jp/

 

お知らせ一覧に戻る TOPに戻る

ページトップへ