キッティングサービスとは?おすすめの代行業者もご紹介

media thumbnail

IT人材不足が深刻化している情報システム部門では、さまざまな業務をアウトソーシングすることが主流です。

この記事では、情シス業務のなかでもキッティングサービスに焦点を当てて紹介しています。基本的な内容から作業の流れ、メリット・デメリットまでまとめました。

キッティング作業をアウトソーシングする場合は、代行業者によって価格帯や業務範囲が異なります。おすすめの業者や、キッティングサービスに関するよくある質問も、導入検討時に要チェックです。

目次

キッティングサービスとは

キッティングサービスとは

企業が新たにPCやスマートフォンなどを導入する際などに、利用者がすぐに使える状態まで初期設定を完了させる作業を、「キッティング」といいます。キッティングサービスとは、その業務を代行してくれるサービスです。

PCを新たに使用する際、PCの設置や周辺機器の準備だけでなく、業務で使用するアプリケーションやセキュリティソフトのインストールなど、さまざまな作業が必要になります。

キッティングサービスを利用すれば、そのような作業負担がなく、企業側がすぐにPCが使える環境を整えられるでしょう。

きわめて便利なキッティングサービスですが、キッティングの方法には主に2種類あります。

手作業によるキッティング

まずは手作業によるキッティングです。作業者が導入したPCを、1台ずつキッティングしていく方法になります。

自社の従業員にノウハウがあれば、代行業者に依頼しなくても実施できます。その場合、外注費用こそかかりませんが、キッティングするPCの台数が少ないことや、作業者がキッティングについての正しいスキルを身につけていることが条件です。

万一作業者がミスした場合、キッティングの品質にばらつきが出てしまう可能性があるほか、導入台数が多いと作業者の負担はたいへん大きなものとなります。

クローニング

クローニングとは、正しく設定されたマスターPCを1台用意し、その内容をほかのPCへ反映させていく方法です。多くのPCを効率的に対応できるうえ、手作業の場合と異なり品質を均一化することができます。

とはいえ、マスターPCの作成には時間と技術が必要になることに加え、導入したいPC機種が複数ある場合はその分マスターPCを用意しなくてはいけません。

キッティングサービスのメリット

大きな作業負担と、正確な知識・技術を必要とするキッティング。キッティングサービスはそれらをすべて代行してくれるので、非常に便利です。

ここでは、キッティングサービスを利用するメリットについて解説します。

作業負荷の軽減

自社でキッティングを行おうとすると、PCの開梱から始まり、設置、初期設定、アプリケーションやセキュリティソフトのインストール、管理ラベルの作成等々、あらゆる工程の、多様な作業が必要となります。

ましてや、導入台数が多い場合、作業担当者のみでそれらを完了させるには、たいへん骨の折れる作業です。

キッティングサービスを利用すれば、そういった作業負荷を軽減することができます

セットアップの短期化

自社でキッティングを行おうとすると、作業者の知識や技術によって、作業時間、精度ともにばらつきが生じます。

また、これまで使用していた機種を変更する場合、キッティング作業中、PCを使用できない期間が発生して業務に差し支える可能性もあるでしょう。

キッティングサービスを利用することで、セッティングに要する時間を短期化でき、業務への影響を最小限に抑えられます

適切なセキュリティ設定

キッティングにおいてセキュリティ設定は、きわめて重要な項目です。自社で行う際は専門的な知識がないと、設定に多くの時間を要するほか、最悪の場合設定ミスからPCを危険にさらす恐れがあります。

キッティングサービスを利用すれば、専門のスタッフが、正確にセキュリティ設定を行うので安心です。

キッティングサービスのデメリット

キッティングの作業負荷を軽減し、短期間かつ、セキュリティも万全な状態でPCを用意できるキッティングサービスですが、情シス担当者はデメリットについても把握しておかなければいけません。

コストが高くなる

キッティングサービスを利用する場合、コストが高くなる点はデメリットです。自社でキッティングを行う場合、委託費用はかかりませんが、作業者の人件費を考慮する必要があります。

キッティングサービスを利用する際は、自社でキッティングを行った場合と、外部業者に委託した場合の費用対効果を想定し判断しなければいけません。

セッティングに時間がかかる(クローニング)

クローニングでキッティングを行う場合、マスターPCを作成しなければいけません。マスターPCは設定を正確に行う必要があるため、検証作業なども含め、作成に1か月以上の長い時間を要する場合があります。また、PCを複数機種導入するには、その分マスターPCが必要です。

クローニングには、セッティングに時間がかかることを理解しておきましょう。

キッティングサービスの運用事例

キッティングサービスの運用事例

ここからは、実際にキッティングサービスを活用して成功した事例を見ていきましょう。いずれの企業もキッティングサービスの利用で、効率的なIT機器の導入を行っています。

【運用事例①】製造系B社

製造系B社は、新入社員のPCを次月までに100台用意する必要があり、キッティングサービスを利用。担当者は、大量のPCをセッティングしなければいけない状態を解決しました。

なお、利用したキッティングサービスはPC1台あたりの従量課金のプランであったため、必要台数分のみの費用で完了させることができました。

クラウドSE事例

 【運用事例②】CASIO

流通小売業B社は、新規店舗オープンに伴い、必要機器の導入の際キッティングサービスを利用。開梱後に即使用可能な状態で機器が納品され、業務の負担軽減につながりました。

B社においては従来「システム開発部」がキッティング作業を担当していましたが、代行業者に依頼することで、通常の業務への専念が可能に。業務改善が実現しました。

(参考:キッティングサービス導入事例 | CASIO

【運用事例③】SBSリコーロジスティクス株式会社

商業施設E社は、全国の店舗にタブレットPCと、それを収める筐体(ケース)を設置するプロジェクトの推進にあたり、両者のキッティングを業者へ依頼しました。

依頼先業者が、PCと筐体の同時納品のノウハウを持っていたため、店舗での荷受け業務の簡素化や、組み立て・設置時間の短縮に成功し、専用端末を使った新サービスを、全国で一斉スタートすることができました。

(参考:キッティング事例 | SBSリコーロジスティクス株式会社

キッティングサービスの価格例

ここでは、キッティングサービスの利用価格の一例を紹介します。あくまでも参考価格のため、実際の利用にあたっては、利用する業者の料金体系や見積もりを参照してください。

当社が運営する「クラウドSE」では、PCの場合1台あたり2,480円~の料金設定です。サービスの内容としては、シリアルNo収集、ラベル貼付、アクティベーション、ネットワーク設定など、業務がすぐに開始できる基本的な作業を網羅できています。

PCの設置台数などにより料金は変わるので、詳しくは「クラウドSE」までお問い合わせください。

自社で行う場合の工数や予算と比較し、外部委託するかどうかを判断するとよいでしょう。

キッティングサービスの選び方

自社のIT機器導入にキッティングサービスを利用すると決定した際、業者の選定にあたっては、いくつかの項目を確認しながら進める必要があります。

ここからは、そのようなキッティングサービスの選び方について解説します。

料金体系

キッティングサービスを利用する際は、まずは業者の料金体系を確認することからはじめましょう。重要なのは自社で行った場合と、外部業者へ委託した場合の費用対効果の比較です。

キッティングサービスでは、作業負荷の軽減や作業期間の短縮化、作業品質の向上が見込めますが、相応のコストが生じます。自社でキッティングを行う場合は、人件費と教育を含めた時間が必要となりますが、委託分のコストは抑えられます。

予算に応じて判断しましょう。

同時対応可能な台数と期間

料金体系と同時に、業者の同時対応可能な台数と、作業に要する期間(納期)を確認しましょう。キッティングサービスは業者によって、同時に対応できるIT機器の台数が異なります。

キッティングを行いたい機器の台数を事前に割り出しておき、希望する期間でキッティングが完了するかどうかを明確にしておきましょう。作業の途中で納期遅れが発覚すると、業務に支障をきたす場合があります。

作業場所

キッティング業者は、それぞれ対応できるエリアが決まっています。導入を依頼したい地域が対応可能なエリアであるかを事前に確認しておきましょう。多くの拠点に同時に導入を依頼する場合は、特に注意が必要です。

海外の拠点に機器を導入する際は、それに対応した業者を選定するようにしましょう。

また、利用する業者によっては、PCやスマホなどのデバイスの郵送を伴うことがあります。その際、郵送に要する時間も考慮しなければいけません。

納品後に現地展開まで行ってもらう場合、PCなどのデバイスを一時保管しておくスペースも確保する必要があります。

セキュリティ対策

キッティングを依頼する場合、キッティングサービス業者は、自社の機密情報が含まれた機器を扱うことになります。そのため、セキュリティ対策が万全であるかどうかも、しっかり確認しておかなければいけません。

キッティングサービスでは、現地に作業員が来てくれる「オンサイトキッティング」を利用しない場合、基本的に業者のセンターにて、キッティング作業が行われます。センターの守秘義務に関するコンプライアンス体制が整備されているかどうか、作業が監視体制のもと安全に行われるかどうかは、確認しておきましょう。

キッティングサービスの業者比較6選

キッティングサービスの業者比較6選

キッティングサービスは業者によって、料金体系はもちろん、対応エリアや同時対応可能台数などが変わります。自社に合った業者に依頼をすることが大切です。

ここからは、キッティングサービスで評判の良い業者を6社ご紹介します。キッティングサービスの利用を検討の際は、ぜひ参考にしてください。

クラウドSE(株式会社Gizumo)

当社『株式会社Gizumo』が運営する、IT業務とDX化の推進サービス「クラウドSE」。

「キッティングプラン」では、PC1台あたり2,480円〜/月という価格設定で、キッティングサービスを提供しています。1台あたりの従量課金のため、必要なときに必要なだけ依頼が可能です。

対応内容も、シリアルナンバー収集やラベル添付、アクティベーション、ネットワーク設定まで、すぐにPCが使える環境を整えることができます。

緊急・大量のPCセッティングが必要になった際などもぜひ活用ください。

IT資産運用支援サービス(株式会社エスエヌシー)

株式会社エスエヌシー』が運営する、「IT資産運用支援サービス(キッティング)」。

「情報システム部代行」として、情シスに関わる業務を広くサポートしています。

キッティングサービスも全国に対応しています。導入するPCの台数や設定によって、それぞれの企業に適した方法を提案するなど、手厚い支援が特徴です。

キッティングサービス(株式会社アイエスエフネット)

株式会社アイエスエフネット』が運営するキッティングサービス。システムの導入、展開、運用、保守業務にいたるまで、幅広く対応しています。

キッティングサービスは、小ロットから大量の端末まで対応可能。それぞれの企業に最適なサービスを提案しています。マルチベンダ対応、24時間365日サポート、マルチリンガル対応といった顧客のニーズに応じた対応が可能です。

IT資産運用最適化サービス(ヤマトシステム開発株式会社)

ヤマトシステム開発株式会社』が提供する「IT資産運用最適化サービス」は、IT資産の企画・導入・運用・撤去の4フェーズにトータルで対応するアウトソーシングサービスです。

キッティングサービスのみの利用も可能で、それぞれの企業に応じた最適な手法を提案。数多くの実績に基づく、適切な作業が期待できるサービスです。

エリアは全国対応可能なほか、ヤマトグループの配送ノウハウを活かし、キッティングに伴う物流コストの軽減を実現しています。

LCMサービス(SBフレームワークス株式会社)

SBフレームワークス株式会社』が運営する、「LCMサービス」。IT機器の運用全般をサポートする「フルフィルメントサービス」に含まれるサービスで、キッティングのみでも利用可能です。

企業の要望に合わせて機器をカスタマイズすることができ、作業環境もセキュリティ面にしっかり配慮。また、要望した場所に訪問して作業するオンサイトキッティングも行うなど、柔軟な対応が可能です。

キッティングサービス(株式会社プロデュース)

株式会社プロデュース』が提供する、「キッティングサービス」。主に首都圏、北関東、中国地方を対象エリアに、キッティング作業を請け負うサービスです。

数百台を超すような規模の大きいキッティング依頼でも、現地でのキッティングに対応。キッティングの対象はPCやタブレットのみならず、サーバーやネットワーク機器など多岐に渡ります。

また、長期間作業を依頼する際は担当者がスケジュール管理を担当してくれるなど、要望を伝えやすい体制を整えています。

キッティングサービス作業の主な流れ

キッティングサービス作業の主な流れ

キッティングの多くの作業負担を、一手に引き受けてくれるキッティングサービス。すぐにPCを利用できる状態で納品してもらえますが、情シス担当者はその作業内容についても理解しておく必要があります。

ここでは、主にキッティングで行う作業の内容について解説。なお、こちらでご紹介する作業は一例で、実際の作業内容は業者や企業の依頼内容により異なります。

OSのインストール

まずはOSのインストールを行います。

OSは、Operating Systemの略で、コンピューターの操作をつかさどるシステムソフトウェアのことです。いわばPCの仕様を一定に保つための、もっとも基礎的なソフトウェアと言えます。

業務に使用するソフトウェアやプリンターなどの周辺機器も、このOSのインストールなしには起動することができません。

OSのインストールは、PCの使用においてもっとも基礎的な設定と言えます。

ネットワーク設定

次にネットワークの設定を行います。通常業務だけでなく、あらゆる業務において、ネットワークへの接続は不可欠です。

既存のPCが利用しているネットワークの設定も行わないと、社内での情報共有ができなくなってしまいます。その点で、ネットワーク設定はPCを用いた業務では重要な項目です。

各種ドライバーのインストール

続いて、ドライバーのインストールを行います。ドライバーとは、ハードウェアを動作させるためのファイルであり、OSと同様にPCを使用するうえで必要不可欠な存在です。

メーカー製のPCだとあらかじめドライバーは設定されていますが、プリンターのような外部ハードウェアを使用する場合は、専用のドライバーを新たに設定する必要があります。

業務用アプリのインストール

OS、ドライバーの設定ができたら、次は業務用アプリケーションのインストールを実行します。

企業でPCを使用する場合、PCの用途によって専用のシステムを利用することが多いです。販売管理や、財務・会計、人事給与管理など、導入する部署によってそのシステムは異なります

また、それを使用するにあたっては、それぞれのデバイスにどのようなアプリケーションがインストールされたか、管理することも必要です。

ライセンス認証

PCにインストールしたOSやアプリケーションを利用する場合は、ライセンス認証を行う必要があります。

ライセンス認証は、OSやアプリケーションが不正に利用されるのを防ぐためのもの。主にパスワードの入力によって、本人認証を実施します。

ライセンス認証を行わない限り、OSもアプリケーションも利用できないので、正しく実行しましょう。

OS・アプリ等の各種設定

OSやアプリケーションをインストールしたあとは、それらが業務において正常に利用できるように、各種設定を行います。

キッティングは、企業の現場の従業員が不自由なく使用できるよう設定するまでが作業内容です。動作確認含め、各種設定まで完了させる必要があります。

セキュリティパッチの適用

キッティングにおいて、セキュリティの設定は不可欠な作業です。機密情報や個人情報の漏えいが、キッティング時の設定ミスにより生じるような事態は絶対に避けなければいけません。

そのためには、セキュリティシステムが自動で精度を更新していくプログラムが必要。それが、セキュリティパッチと呼ばれるものです。

企業の情報漏えいを防ぐためにも、キッティング時のセキュリティパッチの適用は、確実に実施する必要があります。

キッティングサービスによくある質問

キッティングサービスはさまざまな過程を経て、安全かつすみやかに実施されるものです。企業担当者は自社のキッティングの規模や、予算、想定期間などを考慮しながら、依頼・計画・進捗確認を行わなければいけません。

ここからはキッティングサービスを利用するにあたって、よく挙がる質問に回答していきます。

大規模な導入も可能?

業者により違いがあるためあくまで一般論ですが、大規模なIT機器導入に対応してくれる業者は多く存在します。

自社で依頼したい規模を想定し、それに対応可能なキッティングサービスへ相談しましょう。

スマートデバイスの作業は可能?

PCだけでなく、スマートフォンやタブレットのようなスマートデバイスも、キッティングの作業対象になる場合が多いです。

PC以外の実績を多く持つ業者もあるので、スマートデバイスの導入においても、キッティングサービスを検討して良いでしょう。

機能単体での提供は可能?

キッティング作業を行う業者のなかには、キッティングだけでなく、機器の調達から運用、保守にいたるまでトータルサポートを行っている場合も多いです。

ただ、キッティングだけでも個別で対応してくれる業者が多く、企業の要望に応じてくれるサービスもあるので、自社の意向を相談すると良いでしょう。

どんなメーカーのPCでも対応可能?

多くのキッティングサービスが、どのメーカーのPCにも対応できるでしょう。

OSは、サービスごとに主としているものがあることが多いですが、相談すれば要望に応じてくれる業者も多数あります。

PCごとの個別設定は可能?

キッティングサービスを利用する際、すべてのPCに同一の設定を行うとは限りません。

企業側が要望すれば、それぞれの個別設定にも対応してくれることが多いでしょう。その際は、IP、コンピュータ名、各種ソフトウェアインストールなど、それぞれの設定情報を用意する必要があります。

マスターPCの作成も依頼可能?

クローニングを行う際などのマスターPCの作成も、多くの業者が対応してくれるでしょう。

ただし、マスターPCを作成した業者にそbのままキッティングサービスまで依頼することが条件である場合が多いため、まずは相談してみてください。

賢くキッティングサービスを使い効率化を目指す

この記事では、キッティングサービスの概要や、おすすめ業者、作業内容などについて解説しました。

キッティングは多くの作業負担を必要とするだけなく、セキュリティの拡充など正確性も求められます。自社の作業規模や費用対効果を考えながら、必要な場合はキッティングサービスを利用しましょう。

キッティングサービスを利用すれば、作業負荷の軽減、セットアップ時間の短期化、適切なセキュリティ設計が期待でき、結果的に業務改善につながる場合が多いです。

ぜひキッティングサービスを効果的に利用し、自社の業務効率の改善を図ってください。

「クラウドSE」でキッティングをアウトソース

高品質で安心価格なキッティングサービスを検討中の企業様は、ぜひ「クラウドSE」をご利用ください。

「クラウドSE」の「キッティングプラン」では、小規模なものから大量のキッティングにいたるまで、リーズナブルな価格で安心のサービスを提供しています。

また、IT活用相談、施策提案、実行支援、運用定着まで一気通貫でトータルサポート。ITに関わる業務支援は、どのようなことでもクラウドSEにご相談ください。

クラウドSEサービス資料ダウンロードはこちら

【法人向け】情シス代行サービス
【法人向け】情シス代行サービス

少しでも開発にお困りの方は
相談しやすいスペシャリストにお問い合わせください

お問い合わせ

【企業向け】情シス代行サービス

  1. breadcrumb-logo
  2. メディア
  3. キッティングサービスとは?おすすめの...