採用計画の効果的な立て方について解説。
具体的なステップとポイントを紹介

media thumbnail

企業の成長と成功において、効果的な採用戦略と計画は欠かせない要素です。優秀な人材を確保し、企業文化にマッチした人材を育成することは、競争力を維持し、持続可能な成長を実現するための重要な鍵となります。しかし、多くの企業が採用活動において直面する課題は少なくありません。

本記事では、企業の採用戦略と計画の立て方について、基本的なステップとポイントを詳しく解説します。採用戦略の重要性から始まり、具体的な計画の立て方、そして実際の採用活動の実行と評価方法まで、包括的に取り上げます。

さらに、採用リソースが不足している場合の対策として、RPO(Recruitment Process Outsourcing)サービスの活用についても紹介します。企業が効果的な採用戦略を構築し、持続的な成長を実現するための実践的なガイドとして、お役立てください。


採用戦略や計画立案でお困りなら、採用代行のtorumonをご検討ください

torumon(トルモン)は、月額3万円、最低10時間から利用できる、
採用代行/アウトソーシングサービスです。

採用計画の立案から、スカウト送信、選考/入社対応、採用広報まで
実務部分において幅広く支援を行っており、最低1ヶ月から、10時間単位で利用することができるため、
必要な時に必要な分だけ採用実務リソースを低価格で確保いただけます。


採用戦略とは

まずは採用戦略とは何を指しているのか、お伝えします。

採用戦略の定義と概要

採用戦略とは、企業が優秀な人材を効果的かつ効率的に確保するための優先順位と計画を指します。この戦略は、企業の短期的および長期的な目標を達成するために、必要なスキルセットや文化に合った人材を見極め、引き寄せるプロセスを体系的に構築するものです。採用戦略には、職務内容の明確化、採用チャネルの選定、候補者の評価基準の設定、採用ブランディングなどが含まれます。

企業の成長における採用戦略の位置づけ

企業の成長と成功には、適切な人材の確保が不可欠です。優秀な人材は、企業の競争力を高め、イノベーションを推進し、生産性を向上させる重要な要素です。したがって、採用戦略は企業の成長に直結する重要な役割を果たします。効果的な採用戦略を持つ企業は、市場の変化に迅速に対応できるだけでなく、持続的な成長を実現するための強固な基盤を築くことができます。逆に、採用戦略が不十分な企業は、必要な人材を確保できず、競争力を失うリスクがあります。

採用戦略を適切に策定し実行することで、企業は成長に必要な人材リソースを確保し、市場での競争優位性を維持することが可能になります。

採用戦略の重要性

続いて、採用戦略の重要性についてお伝えします。

企業成長と採用の関係性

企業の成長と発展には、適切な人材の確保が不可欠です。採用戦略は、企業が目標とする成長を実現するための基盤となります。優れた採用戦略があれば、企業は必要なスキルセットや経験を持つ人材を効果的に引き寄せることができます。また、組織の中核となる人材を適切に配置することで、内部の効率性や生産性も向上します。

適切な人材確保による競争力の向上

適切な人材を確保することは、企業の競争力を大幅に向上させる要因となります。優秀な人材は、新しいアイデアや視点をもたらし、変革や事業を推進する力となります。

また、文化的にフィットする人材を採用することで、職場の雰囲気が向上し、従業員のモチベーションやエンゲージメントも高まります。さらに、採用戦略が適切に機能している企業は、人材の流出を防ぎ、長期的な組織の安定を図ることができます。

採用戦略は単なる人材確保の手段ではなく、企業の未来を築くための重要な戦略的要素であると言えるでしょう。

採用計画の基本ステップ


それでは、いよいよ採用計画の立て方についてご紹介します。採用計画は、次のステップで進めていきます。

1. 現状分析と目標設定

まず、現在の組織の人材状況を評価することが重要です。これには、既存のスタッフのスキルセット、経験、そして組織のニーズを把握することが含まれます。次に、短期および長期の採用目標を設定します。短期目標では、直近のプロジェクトや業務に必要な人材を確保することに焦点を当て、長期目標では、組織の成長や戦略的目標を達成するために必要な人材を見据えた計画を立てます。

2. 職務内容と求める人材像の明確化

次に、採用するポジションと人物像を明確化し、職務記述書(job description)を作成します。これは、具体的な業務内容や求められるスキル、経験を詳細に記載するものです。さらに、理想的な候補者像を設定します。これは、単にスキルや経験だけでなく、企業文化にフィットするかどうかなども考慮に入れた包括的な人物像を描くことが重要です。

3. 予算とリソースの管理

採用活動にかかるコストの見積もりとリソースの配分計画を行います。これは、採用予算の設定と、それに基づくリソースの効率的な配分を含みます。

4. 採用チャネルの選定

採用チャネルは多岐にわたります。それぞれのチャネルには利点と欠点があるため、複数のチャネルを組み合わせることで最適な結果を得ることができます。予算やリソースを鑑みつつ、最適なチャネルを選びます。

以下は主要な採用チャネルとその特徴です。

  • 求人サイト
    広く利用される一般的なチャネルで、多くの求職者にリーチできます。Indeedやリクナビなどが代表的です。
  • 転職エージェント/リクルーター
    専門的なエージェント/リクルーターを利用することで、特定のスキルや経験を持つ候補者をターゲットにできます。ヘッドハンティングサービスも含まれます。
  • SNS
    LinkedInやTwitterなどのSNSを活用することで、特定の業界やコミュニティに直接アプローチできます。企業のブランディングにも寄与します。
  • 社員紹介(リファラルプログラム)
    社員からの紹介制度を利用することで、信頼性の高い候補者を確保できます。紹介インセンティブを設けることで効果が高まります。
  • 大学や専門学校との連携
    新卒採用に有効なチャネルであり、インターンシップやキャリアフェアを通じて優秀な学生をリクルートします。

5 採用プロセスの設計

採用プロセスの設計は、応募から採用までの一連の流れを体系化することです。これには、応募受付、書類選考、面接、評価、最終選考などのステップが含まれます。特に、面接プロセスと評価基準の設定が重要で、これにより候補者の適性を客観的に判断することができます。

6. 採用ブランディング

採用ブランディングは、企業のブランドを強化し、候補者に対して企業の魅力を伝えることを目的とします。企業のビジョンやミッション、働く環境や文化を明確にし、候補者がその企業で働くことの価値を感じられるようにします。

これらのステップを踏むことで、企業は戦略的かつ効果的な採用計画を立てることができ、必要な人材を確保し、組織の成長を支えることができます。

採用計画を立てるときのポイント

採用計画を立てる際に気をつけるべきポイントについてお伝えします。

計画立案の際の重要な考慮事項

採用計画を立てる際には、まず組織の目標と採用ニーズを明確にすることが重要です。これにより、どのようなスキルや経験を持つ人材が必要かを具体的に把握できます。

次に、ターゲットとする候補者の市場を理解し、適切な採用チャネルや方法を選定します。また、採用活動のタイムラインを設定し、各ステップの進捗を定期的に確認することも重要です。これにより、採用プロセスが遅延することを防ぎ、効率的に進行させることができます。

候補者体験の向上を考慮することも重要です。応募から面接、最終選考までのプロセスがスムーズであることは、企業のイメージを向上させ、優秀な人材を引き付ける要素となります。候補者に対するコミュニケーションを密に行い、迅速なフィードバックを提供することが求められます。

柔軟性と適応力の持たせ方

採用計画には柔軟性と適応力を持たせることが必要です。市場の変化や企業のニーズの変動に対応できるよう、計画に余裕を持たせることが重要です。例えば、予想以上に優秀な候補者が現れた場合や、急な人材不足に対応するための臨時の採用キャンペーンを実施できるようにしておきます。

また、採用プロセス全体においても柔軟性を持たせることが求められます。面接のスケジュール調整や評価基準の見直しなど、状況に応じて迅速に対応する能力が重要です。さらに、採用活動の結果を定期的に評価し、改善点を反映させることで、常に最適な採用プロセスを維持することができます。

これらのポイントを踏まえることで、採用計画はより現実的で効果的なものとなり、企業の成長を支える強固な基盤となります。

採用活動の実行と評価

採用活動は、しっかりと振り返りを行うことでより効率を高めることができます。

採用活動の効果測定方法

採用活動の効果を測定するためには、いくつかの指標を設定し、定期的に評価することが必要です。具体的には、応募者数、面接実施数、採用決定数などの数量的なデータを追跡します。また、採用までのリードタイムや、採用後の定着率などの質的なデータも重要です。

候補者体験の評価も大切な要素です。応募者に対するアンケートやフィードバックを収集し、採用プロセスの改善点を特定します。これにより、次回の採用活動に向けた改善策を講じ、効果的な採用プロセスを構築することができます。

成功事例と改善点のフィードバック

採用活動の成功事例を分析し、どのような施策が有効であったかを確認します。例えば、特定の採用チャネルやキャンペーンが特に効果的であった場合、その要因を分析し、次回以降の採用活動に反映させます。逆に、期待した結果が得られなかった場合は、その原因を特定し、改善点を明確にします。これにより、継続的に採用プロセスを最適化し、企業の成長を支える優秀な人材を確保することが可能となります。

採用リソースが足りない場合

採用計画立案や、採用活動の実行には多くの業務やタスクが存在し、時間がかかります。十分な採用リソースを準備できないという企業も少なくないでしょう。

そうした際に有効な手法として、RPOサービスをご紹介します。

RPO(Recruitment Process Outsourcing)サービスの活用を検討

採用リソースが不足している場合、RPO(Recruitment Process Outsourcing)サービスの利用が有効です。RPOサービスとは、企業の採用プロセスの一部または全体を外部の専門業者に委託することで、効率的かつ効果的な採用活動を実現する手法です。これにより、企業は内部リソースを節約しながら、専門的なノウハウを活用して優秀な人材を確保することができます。

RPOサービス利用のメリットと活用事例

RPOサービスを利用するメリットは多岐にわたります。まず、採用活動の専門知識を持つ業者がサポートすることで、採用プロセスの効率化と効果向上が期待できます。また、企業のリソース不足を補うことで、急な採用ニーズにも柔軟に対応できるようになります。

さらに、RPOサービスは、採用市場のトレンドやベストプラクティスに基づいたアプローチを提供するため、企業の競争力を高める効果もあります。具体的な活用事例としては、大規模な採用プロジェクトや短期間での大量採用が必要な場合にRPOサービスを利用することで、成功率を高めることができます。

そして、コストの削減が実現できることも大きな魅力です。社内リソースを利用するよりもコストを抑えて採用リソースを確保できます。

RPOサービスを効果的に活用することで、企業は持続的な成長を支えるための優秀な人材を確保し、採用プロセスの最適化を図ることができます。

採用実務のアウトソーシング/RPOならtorumon(トルモン)

採用戦略や計画立案でお困りなら、採用代行のtorumonをご検討ください。

採用代行/アウトソーシングサービスであるtorumon(トルモン)は、日々の業務で時間を取られがちな実務=ノンコア業務に特化した支援を行っており、時間がかかる実務業務を実務ノウハウを持った人材に任せることで、ご自身は採用のコア業務に集中することができます。

母集団形成から、選考、入社対応、採用広報まで実務部分において幅広く支援を行っており、最低1ヶ月から、10時間単位で利用することができるため、必要な時に必要な分だけ採用実務リソースを低価格で確保いただけます。

torumonの詳細はこちら

まとめ

本記事では、企業の成長を支えるための効果的な採用戦略と計画について詳しく解説しました。

効果的な採用活動を実現するためには、まず自社の目標と現状をしっかりと把握し、それに基づいた明確な採用計画を立てることが重要です。また、採用プロセス全体に柔軟性を持たせ、変化する市場環境に迅速に対応できるようにすることが求められます。採用キャンペーンの実施方法や評価基準を定期的に見直し、常に改善を図る姿勢が大切です。

さらに、RPOサービスのような外部リソースを適切に活用することで、内部の限られたリソースを効率的に使い、効果的な採用活動を支援することも検討してください。最終的には、企業の文化やビジョンにマッチする優秀な人材を確保し、組織全体の成長を支えることが目標です。このために、継続的な改善と革新を続けることが、効果的な採用戦略と計画の鍵となります。

【torumon】資料DLはこちら
【torumon】資料DLはこちら
【torumon】お問い合わせはこちら
【torumon】資料DLはこちら

少しでも開発にお困りの方は
相談しやすいスペシャリストにお問い合わせください

お問い合わせ
  1. breadcrumb-logo
  2. メディア
  3. 採用計画の効果的な立て方について解説...