SNS採用はやるべき?採用チャネルとしての
SNSのメリットとデメリット

media thumbnail

近年、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用した採用手法が急速に普及しています。SNS採用とは、Facebook、Twitter、LinkedIn、InstagramなどのSNSプラットフォームを活用して、企業が求職者を発見し、アプローチする採用方法のことを指します。従来の求人サイトやエージェントを介した採用手法に比べて、より広範囲な人材のリクルーティングが可能となり、多くの企業がその効果を実感しています。

SNS採用の魅力は、迅速なコミュニケーションが可能な点、そして企業のブランド力を強化できる点にあります。しかしながら、炎上リスクやプライバシー問題といったデメリットも存在し、その導入には慎重な計画と管理が求められます。

本記事では、SNS採用のメリットとデメリットについて詳しく解説するとともに、具体的な導入手順や成功のためのポイントについても触れていきます。SNSを活用した採用活動の可能性と課題を理解し、効果的なリクルーティング戦略を構築するための一助となれば幸いです。


SNS採用の導入・強化をご検討なら、採用代行のtorumonをご検討ください

torumonは、月額3万円、最低10時間から利用できる、採用代行/アウトソーシングサービスです。

採用計画の立案から、スカウト送信、選考/入社対応、内定者フォロー、採用広報まで
実務部分において幅広く支援を行っており、最低1ヶ月から、10時間単位で利用することができるため、
必要な時に必要な分だけ採用実務リソースを低価格で確保いただけます。


SNS採用とは

SNS採用の概要

SNS採用とは、Facebook、Twitter、LinkedIn、Instagramなどのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を利用して、求職者を発見し、アプローチする採用方法のことです。従来の求人サイトやエージェントを介した採用手法に比べて、SNSを利用することでより広範囲に、そしてターゲットを絞ったリクルーティングが可能となります。企業は自社のアカウントを通じて求人情報を発信し、ダイレクトに候補者とコミュニケーションを取ることができます。

最近のトレンドとその重要性

近年、SNSの普及とともにSNS採用も急速に広がりを見せています。特に、若年層の求職者がSNSを日常的に利用していることから、企業にとってもSNSを通じた採用活動は重要性を増しています。SNSを活用することで、企業はより多くの候補者にアプローチできるだけでなく、企業の文化や価値観を直接伝えることができるため、ブランド強化にも繋がります。また、リアルタイムでのコミュニケーションが可能となり、迅速な採用プロセスを実現することができます。このように、SNS採用は現代のリクルーティング戦略において欠かせない手法となっています。

SNS採用のメリット

SNSを活用した採用活動には、下記のようなメリットが存在します。

広範なリーチ

SNSを利用することで、多くの候補者にアプローチすることが可能です。特定の地域に限らないリーチを実現でき、場合によってはグローバルな視点での採用活動も可能となります。

コスト効率

SNS採用は、それ自体に費用がかかるわけではありませんし、採用成果に対して成果報酬が発生するわけでもありません。そのためうまくSNS採用を成功させることができれば、有料求人サイトに比べて低コストで効果的な採用活動を行うことも可能です。

ブランド強化

企業の認知度を向上させることができ、信頼性のあるイメージを構築することもできます。SNSを通じて企業の文化や価値観を発信することで、求職者に対して魅力的な企業のブランディングを形成することができます

リアルタイムコミュニケーション

SNSを利用することで、候補者との迅速なコミュニケーションが可能になります。質問やフィードバックに即座に対応できるため、採用プロセスの効率化が図れます。

ターゲティング

特定のスキルやバックグラウンドを持つ候補者に絞り込んでリクルーティングができます。転職サイトではアプローチできない、優秀な転職潜在層人材に対してもアプローチできることが大きなメリットです。

SNS採用のデメリット

一方でSNS採用のデメリットも存在します。以下に、その一例をご紹介します。

短期的な採用効果が期待しにくい

SNS採用は、フォロワーの増加やブランドの認知度向上など、長期的な戦略のもとに行われます。そのため、即座に候補者を見つけて採用する短期的な効果を期待することは難しい場合があります。SNSでの採用活動には時間をかけた計画と持続的な努力が求められます。

炎上リスク

SNS採用にはネガティブなコメントや口コミが発生する可能性があり、これにより企業が炎上するリスクがあります。過去の他社の炎上事例から、運用ルールを厳格に適用することで一定の防止効果を期待することはできますが、昨今のSNS環境では思わぬ投稿が炎上につながることも少なくないため、完全な対応が難しい点はリスクとして認識しておきましょう。

プライバシー問題

SNS上での採用活動では、個人情報の保護が重要な課題となります。候補者のプライバシーに十分に配慮し、適切な情報管理を行うことが求められます。

運用工数がかかる

SNS採用には継続的な投稿と管理が必要です。フォロワー数を増やしていかなければ、自社の投稿は多くの人の目に止まらず、効果を期待することができません。

日々の情報発信とコミュニケーションの維持、コンテンツ企画や発信情報チェックもあるため、全体でかなりの運用工数がかかります。

採用実務のアウトソーシング/RPOならtorumon

採用実務に特化した採用代行/アウトソーシングサービスであるtorumonは、日々の業務で時間を取られがちな実務=ノンコア業務に特化した支援を行っており、時間がかかる実務業務を実務ノウハウを持った人材に任せることで、ご自身は採用のコア業務に集中することができます。

母集団形成から、選考、入社対応、採用広報まで実務部分において幅広く支援を行っており、最低1ヶ月から、10時間単位で利用することができるため、必要な時に必要な分だけ採用実務リソースを低価格で確保いただけます。

torumonの詳細はこちら

SNS採用の導入手順

続いて、SNS採用を自社に取り入れる際の手順について解説します。

目的の明確化

まず、SNS採用を行う目的を明確にすることが重要です。具体的な採用目標を設定し、ターゲットとなる候補者を特定します。SNSからの直接的な採用成果を期待するのか、自社サイトや求人媒体などに送客することを目的とするのか、あるいは広報的な認知拡大ができればOKなのか、目的を決めましょう。

これにより、効果的なリクルーティング戦略を構築することができます。

SNSプラットフォームの選定

次に、使用するSNSプラットフォームを選定します。各プラットフォームには特徴とメリットがあり、企業に最適なSNSを選ぶことが成功の鍵となります。例えば、LinkedInはビジネスプロフェッショナル向け、Instagramはビジュアル重視のコンテンツ向けなど、それぞれの強みを活かした選定が求められます。

ターゲットとする職種によっても最適な媒体は異なってきます。

コンテンツ戦略の策定

SNS上で発信するコンテンツの戦略を策定します。求人情報を魅力的に発信する方法を考え、企業文化や価値観を共有することで、求職者に対して魅力的なブランドイメージを形成します。

アカウントの開設と運用

選定したSNSプラットフォーム上でアカウントを開設し、設定を行います。継続的な投稿と管理が重要であり、定期的に更新することでフォロワーとのエンゲージメントを高めます。

効果測定と改善

最後に、SNSによる採用活動への寄与を測定し、改善を行います。KPIを設定し、モニタリングすることで、SNS運用や施策における改善を行っていきます。

SNS採用を成功させるためのポイント

SNS採用を成功させるために考慮すべきポイントについてご紹介します。

戦略的プランニング

まず、採用目標を明確に設定し、それを達成するための具体的な方法を計画することが重要です。これには、どのSNSプラットフォームを利用するかの選定も含まれます。それぞれのプラットフォームには特有のユーザー層と特徴があるため、企業の採用ニーズに最適なものを選ぶことが成功への第一歩です。

コンテンツの質

SNS上での採用活動において、コンテンツの質は極めて重要です。魅力的な求人広告を作成し、企業文化や価値観を発信することで、求職者に対して魅力的な企業イメージを伝えることができます。ビジュアルコンテンツやストーリーテリングを活用することで、より多くの関心を引きつけることができます。

エンゲージメントの促進

候補者とのインタラクションを積極的に促進することが、SNS採用の成功には欠かせません。フォロワーとの継続的なコミュニケーションを維持し、コメントやメッセージに対して迅速に対応することで、信頼関係を築くことができます。また、ライブ配信やQ&Aセッションなど、双方向のコミュニケーションを取り入れることで、候補者の関心を高めることができます。

これらのポイントを押さえた戦略的なアプローチを実行することで、SNS採用の成功確率を高めることができます。​

まとめ

SNS採用は、現代の採用活動においてますます重要性を増しています。SNSを活用することで、広範なリーチ、コスト効率の高さ、ブランド強化、リアルタイムコミュニケーション、そしてターゲティングといった多くのメリットを享受することができます。しかし、その一方で炎上リスクやプライバシー問題、信頼性の欠如、労力と時間の問題、そして短期的な採用効果が期待しにくいといったデメリットも存在します。

本記事を通じて、SNS採用のメリットとデメリットを理解し、具体的な導入手順と成功のためのポイントを押さえることで、企業の採用活動を一層強化する手助けとなれば幸いです。今後の採用戦略にSNSを取り入れ、新たな人材を発見し、企業の成長に繋げていきましょう。

【torumon】資料DLはこちら
【torumon】資料DLはこちら
【torumon】お問い合わせはこちら
【torumon】資料DLはこちら

少しでも開発にお困りの方は
相談しやすいスペシャリストにお問い合わせください

お問い合わせ
  1. breadcrumb-logo
  2. メディア
  3. SNS採用はやるべき?採用チャネルとして...