Z世代の就活。昨今の若手採用に対して、
採用担当者が行うべき対策とは?

media thumbnail

近年、Z世代が就職市場に本格的に参入し、企業の採用戦略に大きな影響を与えています。

本記事では、Z世代の就活における特徴と、彼らの採用に成功するための具体的な対策について詳しく解説します。Z世代の価値観やライフスタイルを理解し、効果的な採用戦略を構築するためのヒントを提供します。


Z世代/若手世代の採用にお困りなら、採用代行のtorumonをご検討ください

torumonは、月額3万円、最低10時間から利用できる、採用代行/アウトソーシングサービスです。

採用計画の立案から、スカウト送信、選考/入社対応、内定者フォロー、採用広報まで
実務部分において幅広く支援を行っており、最低1ヶ月から、10時間単位で利用することができるため、
必要な時に必要な分だけ採用実務リソースを低価格で確保いただけます。


Z世代とは?Z世代の定義と特徴

Z世代とは、一般的に1990年代後半から2010年代前半に生まれたデジタルネイティブな世代を指します。彼らは幼少期からインターネットやスマートフォンに親しんでおり、テクノロジーの活用に非常に長けています。また、SNSを日常的に利用するため、オンラインでの情報収集やコミュニケーションが自然に行える世代です。

この世代は、多様性やインクルージョンを重視し、社会的な意識が高い傾向にあります。働き方に関しては、柔軟性を求め、ワークライフバランスや働きがいを重視する傾向があります。企業選びにおいても、報酬だけでなく、企業の価値観や社会貢献活動にも関心を持つことが多いです。

彼らが就職市場に与える影響

Z世代の登場により、就職市場は大きく変化しています。企業はこの世代の価値観やライフスタイルに対応するため、採用戦略を見直す必要に迫られています。例えば、テクノロジーの活用が進む一方で、柔軟な働き方を提案することが求められています。

さらに、Z世代は企業の透明性やエシカルな行動を重視するため、企業のブランドイメージや社会的責任が採用活動において重要な要素となっています。これにより、企業は自社の価値観や文化を明確に伝え、Z世代にアピールする必要があります。

このように、Z世代の特徴と価値観を理解し、それに対応する採用戦略を構築することが、現代の採用活動において不可欠となっています。

Z世代の就活の特徴

デジタルネイティブ

Z世代は、生まれた時からインターネットやスマートフォンに囲まれて育ったデジタルネイティブ世代です。テクノロジーの活用に非常に慣れており、日常的にSNSを利用して情報収集やコミュニケーションを行っています。SNSを通じた企業リサーチや求人情報の収集は当たり前の行動となっており、オンライン上での存在感が企業選びに大きな影響を与えます。

価値観と仕事観

Z世代は、働きがいやライフワークバランスを非常に重視します。単に高い報酬を求めるだけでなく、仕事を通じて得られる満足感や、仕事とプライベートのバランスを重要視します。また、社会貢献活動やエシカルな企業選びにも関心が高く、企業の社会的責任や倫理的な行動を評価する傾向があります。このため、企業は自社の価値観や社会貢献活動を明確に伝えることが求められます。

コミュニケーションのスタイル

Z世代は、オープンで透明性のある対話を好みます。上司や同僚との対話においても、建設的なフィードバックを求める傾向があります。また、オンライン面接が普及している現代において、Z世代はリモートでのコミュニケーションにも抵抗がありません。柔軟な働き方を取り入れる企業は、Z世代の求職者にとって魅力的な選択肢となります

このように、Z世代の就活には特有の特徴があります。企業がZ世代の価値観やスタイルを理解し、対応した採用戦略を構築することが重要です。

採用担当者が行うべき若手採用への対策

上述してきたように、Z世代の価値観や就職先に求めるものは過去の傾向とは異なることがわかります。そこで、企業の採用担当者は彼らへの採用活動を行うにあたり、どのような対策を取ることができるかについてお話します。

デジタルプレゼンスの強化

採用担当者は、企業のデジタルプレゼンスを強化する必要があります。企業のSNSアカウントを活用し、魅力的なオンライン求人情報を提供することで、Z世代の求職者にアピールすることができます。SNSを通じて企業の価値観や文化を発信し、求職者に対してリアルタイムで情報を提供することが重要です。

柔軟な働き方の提案

Z世代は柔軟な働き方を求める傾向が強いため、リモートワークやフレックスタイム制の導入を検討することが有効です。これにより、働きやすさを高め、企業への魅力を感じてもらうことができます。

エンゲージメントの向上

インターンシップや企業説明会を活用し、求職者のエンゲージメントを向上させることが重要です。双方向コミュニケーションを促進し、求職者が企業に対して親近感を持てるような機会を提供しましょう。これにより、求職者は企業に対してより強い関心を持つようになります。

エシカルな企業文化の構築

Z世代はエシカルな企業文化に強い関心を持っています。社会貢献活動の推進や、多様性とインクルージョンの強化を通じて、企業のエシカルな側面を強化しましょう。これにより、求職者は企業に対して信頼感を持つことができます。

フィードバックの充実

定期的なパフォーマンスレビューを実施し、オープンで透明性のあるフィードバック文化を育成することが重要です。Z世代は建設的なフィードバックを求めるため、これに対応することで求職者の満足度を高めることができます。

これらの対策を実行することで、企業はZ世代の求職者に対して効果的なアプローチが可能となり、採用活動の成功につながるでしょう。

若手採用のアウトソーシング/RPOならtorumon

若手採用に強みを持つ採用代行/アウトソーシングサービスであるtorumonは、日々の業務で時間を取られがちな実務=ノンコア業務に特化した支援を行っており、時間がかかる実務業務を実務ノウハウを持った人材に任せることで、ご自身は採用のコア業務に集中することができます。

グループ会社も含めて自社で年間300名を超える20代の若者を採用する実績から得たノウハウを持って、企業の採用に貢献します。

母集団形成から、選考、入社対応、採用広報まで実務部分において幅広く支援を行っており、最低1ヶ月から、10時間単位で利用することができるため、必要な時に必要な分だけ採用実務リソースを低価格で確保いただけます。

torumonの詳細はこちら

まとめ

Z世代の就職活動は、従来の世代とは異なる特徴を持っています。デジタルネイティブとして育った彼らは、テクノロジーの活用やSNSの利用に非常に長けており、企業に対しても柔軟な働き方やエシカルな企業文化を求めています。これに対して、採用担当者はデジタルプレゼンスの強化、柔軟な働き方の提案、エンゲージメントの向上、エシカルな企業文化の構築、そして充実したフィードバックを提供することで対応する必要があります。

Z世代の価値観やライフスタイルに合わせた採用戦略を構築することで、企業はより多くの優秀な人材を引きつけ、採用活動の成功につなげることができます。現代の採用市場において、Z世代の特性を理解し、彼らに響くメッセージを発信することがますます重要となるでしょう。本記事を通じて、企業がZ世代の求職者に対してどのようにアプローチすべきかのヒントを得て、今後の採用活動に役立てていただければ幸いです。

【torumon】資料DLはこちら
【torumon】資料DLはこちら
【torumon】お問い合わせはこちら
【torumon】資料DLはこちら

少しでも開発にお困りの方は
相談しやすいスペシャリストにお問い合わせください

お問い合わせ
  1. breadcrumb-logo
  2. メディア
  3. Z世代の就活。昨今の若手採用に対して、...