キッティング費用の相場はいくら?依頼できる内容や外注するメリットも紹介

media thumbnail

新しいメンバーの入社や既存メンバーが離職する際に必ず発生するのが、PCやスマートフォンのキッティング作業です。

PCやスマートフォンの初期設定などシンプルな作業ではあるものの、対応台数や発生するタイミングによっては担当者の業務負荷が大きく、人的ミスが発生するなどの問題が起こることが多々あります。

そんなキッティング作業をアウトソーシングして、業務効率化を図ることを検討している企業も多いのではないでしょうか。

この記事では、アウトソーシングできるキッティング作業の内容や費用の相場、外注するメリットをご紹介します。キッティング作業の外注を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

主なキッティング作業

主なキッティング作業

キッティングとは、企業で新たに導入したPCやスマートフォンなどのデバイスを実際に使えるようにセットアップしたり、離職者のデバイスを次の使用者が使えるように初期化したりする作業を指します。

キッティングと一言でいっても、初期設定やソフトウェアのインストールなど作業内容はさまざまです。ここでは、PCやスマートフォンのキッティング作業内容にフォーカスしてご紹介します。

PCや周辺機器などのデバイス選定・購入

キッティングというと、すでに準備されているPCやスマートフォンの初期設定を行うという印象がありますが、端末や周辺機器の選定・購入もキッティング作業の一環です。

PCやスマートフォンなど業務で使用するデバイスを選定する際には、業務内容や環境を考慮しながら以下のような内容を検討する必要があります。

  • ハードウェアの形状(ノート/デスクトップ/スマートフォン など)
  • ハードウェアのスペック
  • 周辺機器の形状や接続端子の種類
  • OSのバージョン
  • 使用するソフトウェア

周辺機器の接続・設定

デバイスを開封し、製品が内容通り(USBポート数や接続端子など)かを確認のうえ、マウスやキーボードなどの周辺機器の接続設定を行います。

周辺機器の接続・設定は必須ではない場合もあり、抜け漏れが発生する可能性があります。動作確認の前に、周辺機器の設定の要否を確認するようルーティン化すると良いでしょう。

OSのインストール、環境設定

セッティングするPC・スマートフォンが揃ったら、OSのインストール・環境設定を行います。

この作業は、対象のデバイス数が少ない場合は手作業で行う場合が多いです。中規模〜大規模の企業でデバイス数が多く手作業でのキッティングが非現実的な場合は、クローニングツールを使用することもあります。

クローニングツールとは、マスターとなるPCと同じ構成を別のPCに複製してすぐに使える状態にするためのツールです。クローニングツールを使用することで、作業の効率化が図れるのはもちろんのこと、設定ミスや作業漏れを防ぐこともできます。一方で、マスターPCを作成する工数や、ツールのコストがかさむ点がデメリットです。

手作業で行う場合は、必要に応じてドライバーのインストールと初期設定もあわせて行います。

インターネット・ネットワーク接続

ユーザーがPC・スマートフォンで業務を行うには、インターネットやネットワークへの接続設定は必要不可欠です。

インターネットへの接続はWifiの設定など対応項目は少ないのですが、ネットワークへの接続設定は対応項目が多くあります。

主な項目は以下です。

  • ホスト名の決定
  • IPアドレスの割り当て
  • LANへの接続
  • 無線ルーターの設定
  • アクセスポイント設定
  • VPN接続設定

など

ホスト名やIPアドレスの割り当ての際には、社内で管理しやすいようにルールを作成し、ルールに則って進めることをおすすめします。

ネットワークの設定が正しくできておらず、業務を進めようというタイミングで接続できないというトラブルが発生することは多いので、細心の注意を払って設定することが大切です。

業務に必要なシステムやアプリのインストール

業務に必要なシステムやアプリケーションを選定し、PC・スマートフォンにインストールします。デバイスで遂行する業務内容により必要なシステムやアプリケーションは異なるので、適切に選定して設定を進めましょう。

インストール後に設定をしないと使えないアプリケーションもあるため、状況に応じて初期設定まであわせてに行います。

ユーザーがアプリケーションを使用する際にマニュアルが必要であれば、マニュアル作成も必要です。また、IT機器の管理に加え、アプリケーションのライセンス番号管理もキッティング作業に含まれますので適切に管理しましょう。

セキュリティ対策

個人情報の保護や機密情報の漏洩防止のため、セキュリティソフトをインストールします。

また、セキュリティ対策の項目には以下のような設定も含まれます。

  • ソフトウェアの使用制限
  • ファイアウォールの設定
  • アクセス制限
  • 盗難・紛失の際のロック機能設定

セキュリティ対策は、デバイスをユーザーに貸与する前のキッティング時に行っておくことが重要です。

IT資産管理

社内で行うキッティング作業には、PCやスマートフォン、周辺機器の設定のほかにIT資産管理も含まれます。デバイスや周辺機器にはラベルなどで番号を貼り付けて管理しましょう。

IT資産の管理を疎かにすると、デバイスの紛失など万が一のトラブルが起きた際に大きなデメリットに繋がりますのでご注意ください。

OSのアップデート

キッティング作業は、メンバーの入れ替わりがないタイミングでも発生することがあります。例えば、既存メンバーが使用している端末のOSをアップデートするときです。

OSのアップデートを怠ると「セキュリティ面のリスクが高まる」「システムの不具合が解消されずに残る」「最新の機能が利用できない」などの問題に派生するリスクが生じます。

適切なタイミングでOSのアップデートを行い、安全かつ快適な仕事環境を維持できるよう心がけましょう。

キッティングをアウトソーシングするメリット

キッティングをアウトソーシングするメリット

PCやスマートフォンのデバイス選定・購入から、初期設定、IT資産管理まで、キッティングの業務内容は広範囲にわたることをご紹介しました。

一つひとつの作業項目はシンプルですが、対応台数が多くなると人的ミスが起きてしまうのが現実です。また、社内の業務効率やセキュリティリスクの面からも重要な作業といえます。

できるだけ効率的に、かつミスなくキッティングを行うために、キッティング作業をアウトソーシングすることも良いでしょう。

ここではキッティングをアウトソーシングするメリットをご紹介します。

社内の業務負荷を軽減できる

キッティングをアウトソーシングするメリットの一つは、社内の業務負荷を軽減できる点です。

前述の通り、キッティング作業はOSのインストールやネットワーク設定、動作確認、IT資産管理など多岐にわたります。対応する台数が多いと、時間と手間がかかることは避けられません。

またキッティング作業が頻繁に発生しない場合は、記憶が曖昧になっているため、作業する度に各項目のフローを再度確認しないと抜け漏れに繋がりやすいというリスクもあります。

キッティング作業を外部に依頼することで、安定したクオリティでキッティング作業を行うことができます。

スピーディーに対応できる

社内でキッティング作業を行う場合、キッティング担当者が抱える業務量やタイミングによってはスピーディーな対応が難しいこともあるでしょう。

また対応台数が多い場合は、作業完了が期日に間に合わないなどのトラブルが発生しやすくなります。

外注業者では、キッティングのプロが期日を見据えて迅速に対応しますので、そのような状況に陥らないためにもキッティングをアウトソーシングすることはおすすめです。

設定ミスなどの不備を抑えられる

キッティング作業では、ときに数十台、数百台…と対応台数が膨大になることもあります。対応台数が増えると集中力低下に繋がり、設定漏れなどの人的ミスが発生しやすくなります。

一つの些細なミスにより、原因追求や設定修正などの工数が発生するだけではなく、セキュリティ面に重大なリスクが発生したりと深刻な問題に繋がりかねません。

そのようなリスクを考慮すると、キッティングをアウトソーシングすることは業務効率化とセキュリティ強化という一石二鳥の選択肢ともいえます。

キッティングのアウトソーシング費用の相場

社内の業務負荷を軽減しながら迅速・正確に作業が完了するキッティングのアウトソーシングですが、気になるのが費用の相場です。

キッティングサービスにより詳細は異なりますが、おおよその費用相場としては以下を目安にすると良いでしょう。

設置・環境設定
1,000円〜10,000円/台
システムのインストール
1,000円〜10,000円/台
データのコピー・バックアップ
1,000円〜20,000円/台
アップデート
1,000円〜20,000円/台
その他オプション
要相談

(引用:PCのキッティングはアウトソーシングで効率化!費用相場を紹介|IT無双

「クラウドSE」のキッティング費用

最後に、当社が運営する「クラウドSE」サービスのキッティング費用についてご紹介しますのでキッティング作業のアウトバウンドを検討している企業様は是非ご確認ください。

基本初期設定費用

デバイス
費用
PC
2,480円~/台
スマートフォン
980円~/台

※表示価格は税抜き価格です。

「クラウドSE」のキッティングプランでは、PC・スマートフォンを一台からキッティングをご依頼いただけます。また、ボリュームディスカウントもご用意していますのでまずはご相談ください。

キッティングオプション

基本的な初期設定に加え、豊富なオプションを取り揃えています。ラベル付与やデバイス名の変更など「少数なら良いけど数が多いと手間になる」ような作業も対応いたします。

また、ご要望に応じてプランのカスタマイズも可能です。オプション一覧にない作業や他社では対応できないと案内された作業でも承っていますので、キッティングのアウトソーシングを検討している企業様はお気軽にお問い合わせください。

情シスアウトソーシングに関するお問い合わせはこちら

【法人向け】情シス代行サービス
【法人向け】情シス代行サービス

少しでも開発にお困りの方は
相談しやすいスペシャリストにお問い合わせください

お問い合わせ

【企業向け】情シス代行サービス

  1. breadcrumb-logo
  2. メディア
  3. キッティング費用の相場はいくら?依頼...